Tap to close

腰痛の予防とインナーマッスル、姿勢について。

腰痛の予防とインナーマッスル、姿勢について。

0944-78-9507アクセス

腰痛の予防とインナーマッスル、姿勢について。

おはようございます。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は腰痛の予防とインナーマッスル、姿勢についての話をしていきます。

 

 

以前、腰痛になりやすい人はインナーマッスルが弱くなっているから鍛えたほうが良いですよというブログを書いたことがありましたが、インナーマッスルが弱くなる体勢は体を丸くする体勢なのは皆さんご存知ですか?

 

インナーマッスルは体の支える筋肉なので、まっすぐ立ってないと使わなくなって段々と弱くなります。

 

つまり、腰痛になりやすい人もしくは腰痛持ちの人は座る、中腰といった身体を曲げるような体勢を長時間続けていることが多い方になりますのでインナーマッスルを鍛えて強くしないと腰の負担が増えて腰痛になりやすいということです。

 

そして、お腹が出ている方も腰に負担が掛かりやすく腰痛になりやすいので普段の体勢が良くてもインナーマッスルを鍛えたほうが安心ですね。

 

一週間程前に御来院された患者様の施術例ですが、かなり体重が重く、座る時間が長い仕事を常にされており、その日の朝にベッドから起きた際に激痛が走り、当院に御来院されたのですが、

最初は腰の関節の部分に熱感も少しあり、炎症が起きているせいか、一人では歩くのも痛みが走るような状態でした。

 

腰の背骨の中心付近の圧痛と前屈時痛、歩行時痛が主訴でヘルニアや神経症状は徒手テストをしましたが、陰性でしたので、筋肉のバランスと下肢と腰の骨の矯正を行い、関節の歪みを調節しました。

 

前屈で腰の痛みが出る方は多いのですが、座り仕事や中腰で前屈み動作が長時間続き骨盤が前斜し、反り腰になっている方がよくなります。

 

「骨盤の前斜」の画像検索結果「腰椎前方変位」の画像検索結果

 

腰の関節が前方に歪むことで痛みが出る方が多いのでその部分を元に戻すだけでも痛みがかなり改善される方がいらっしゃいます。

 

例に挙げた患者様も2回目の矯正後には炎症の改善もあってかなり経過が良いと言われておりました。

 

骨盤の前斜はディスクワークや車での移動が増えた現代では筋力低下や前屈姿勢によって起き易い状態で腰も負担も増えていきます。

 

腰や骨盤の歪みを早期に整える事で慢性的な腰痛の予防にもなりますので、しっかり整え、痛みをなくしてからインナーマッスルのトレーニングで腰痛にならないようにしていきましょう。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

     ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間