Tap to close

四十肩、五十肩かそうではないかの見分け方。

四十肩、五十肩かそうではないかの見分け方。

0944-78-9507アクセス

四十肩、五十肩かそうではないかの見分け方。

おはようございます。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

四十肩、五十肩かそうではないかの見分け方について話をしていきます。

 

ここ数日は当院で肩が痛い人は数名いらっしゃいましたので、五十肩かそうじゃないかの簡単な見分け方を伝えます。

 

これで何が分かるかというと今の肩の痛みが炎症によるものか、そうでないかで整形外科に行ったほうがよいかどうかの判断にも繋がります。

 

勿論、素人の勝手な判断は良くないのでこれはあくまで目安として判断されてください。

 

五十肩とは正式には肩関節周囲炎という傷病名で肩周りの筋肉や腱、関節包に炎症がおきて肩が痛くなる事を指します。

 

肩を上げたら痛いという点から動作時に痛みが出る方には医師から分かりやすくイメージしてもらうために五十肩と伝えられることも多いです。

 

では五十肩と同じような症状だけど肩を上げたら痛いだけの症状をどうやったら見分けられるかというと、炎症が起きているかどうかである程度は判断できます。

 

五十肩の場合はじっとしていても出る痛み、いわゆる安静時痛や夜間時痛が出る事、はっきりとした痛い理由がないのが一番の特徴です。

 

「肩関節周囲炎」の画像検索結果「肩関節周囲炎」の画像検索結果

他にも肩を動かした時に痛みが出た角度や痛む場所で判断していったりもします。

 

この辺に関しましては素人の方では判断してはいけませんので正確に判断しようと思いましたら、やはり整形外科医の診察を受けるとよいでしょう。

 

しかし、安静時痛や夜間時痛が無く、動かした時の痛みが気になる方は肩関節の歪みが原因かもしれません。

 

肩は肩甲骨の横にくっついている関節なのですが、他の関節と違い、関節同士が嵌まっていないので自由に動くことが出来ます。

 

支えているのは筋肉、腱、靭帯といった組織なので歪みが出やすくもあります。

 

特に筋肉の低下や普段の姿勢が丸くなっている方は肩甲骨が外に移動し、肩関節も内側に捩れが出やすいので筋肉が硬くなったり、関節に引っかかりが出る事で痛みが出てきます。

 

五十肩は初期の痛みは炎症による痛みなので痛み止めや炎症止めの薬を整形外科で出してもらうのが良いでしょうが、痛み止め、炎症止めの薬が効かない方や肩を挙げて痛い、もしくは上がりつらい症状の方は肩の歪みからくるものかもしれません。

 

当院でも実際に見てみると肩の炎症というより、肩の歪みからくる痛みの方が多くいらっしゃいます。

 

整形外科の判断をせずに決めてしまうのは薦めませんが、肩の歪みからくる肩の痛みもあると覚えてもらって、皆さんの肩の施術、治療のひとつの目安にして頂ければよいと思います。

 

肩の痛みは数ヶ月と治療、施術期間をようする事も多いですので、しっかりと理解して治して行きましょう。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

    ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間