Tap to close

腰痛と姿勢とトレーニングについて。

腰痛と姿勢とトレーニングについて。

0944-78-9507アクセス

腰痛と姿勢とトレーニングについて。

こんにちは。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

前回は姿勢の維持には大腰筋という筋肉が大事だということをお話しましたが、

 

腰痛と姿勢とトレーニングについての話をしていきます。

 

当院も治療院なのでテーマどうりの腰痛に直接効く治療等を話ししたいのですが、

一言に腰痛と言っても、専門的と言われている整形外科の先生ですら85%の腰痛ははっきりした理由が分からないと言われている非特異性腰痛で

レントゲンやMRI等の画像でも分からない事が多いので腰痛にはこれと言って決まったパターンの治療はありません。

 

こればかりは見てみないと予想がつかないのですね。

 

当院では体のゆがみ、筋肉の偏ったバランスを正すことで体の負担を軽くして腰痛に限らず、体の痛みを取り除くのですが、

整形外科とは似ているようで専門性が違うところもありますので病院に通院されていて改善が見られない方は整形外科という分野で治療をするのではなく、

整骨院という分野で治療法を探してみると改善されるケースもありますのであきらめずに痛み止めの長期服用に頼らないようにしてください。

 

私的には治療を受ける上で画像は必要なので病院にいく事自体はとても大事になりますが逆に言うと病院では85%の腰痛の原因は分からないという事でもあります。

 

保険治療で安いから。痛み止めでとりあえずは様子見が続くような治療は痛み止めに依存してしまい痛みの感覚が狂ってしまう方も多いです。

 

頭痛と腰痛は痛み止めでごまかしている方も多いので、気をつけて下さいね。

 

では、姿勢に関係した筋肉についての話に戻ります。

「下肢交差性症候...」の画像検索結果

実は腰痛と姿勢は密接に関係していて、下半身、特にお尻の筋肉とインナーマッスルが弱くなると股関節、骨盤が歪み、腰や膝に負担がかかるようになっています。

筋肉は20代から年に1%ずつ落ちていきますので運動習慣がない方は自然と腰痛にはなりやすくなっているということです。

 

さらに長時間の座り仕事、物を持つ仕事、長時間運転等、腰に負担がかかることを続けていると腰痛になってもおかしくはないですよね。

もうひとつ申し上げると、体の老化で軟骨が磨り減ったり、水分が抜けて椎間板が縮んだりと腰痛になりやすい要素は年齢とともに段々増えていきます。

 

つまり、段々と腰痛も含めて体の痛み、不調は治りにくい状態に自然となっていくということです。

治療は姿勢の改善と痛みの緩和は同時に行っていかないと良くはなりませんので時間がかかってしまう場合が多くなります。

 

そうならないように、もしくはそうなってしまった方でも筋トレは大事なので頑張って習慣をつけていきましょう。

筋肉は90歳でも増えていくそうなのでもう遅いとかはありません。

 

やせなくて体重のせいでもう治らないと思っている方でも運動や生活習慣を変えれば、痛みは改善出来ます。

 

大事なのは、時間がかかるという認識と数回で効果が出ないからと言って辞めてしまう事を止めることです。

 

体は年々弱くなりますので、良くなるのにも時間がかかるのは当然です。

 

そこを意識するだけでも続けることが出来る可能性が増えるでしょうし、当然痛みが良くなることも増えていきます。

 

次回は簡単なトレーニングの方法と筋力があるかないかの簡単な検査についてお伝えしていきますのでよろしくお願い致します。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

      ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間