Tap to close

脊柱管狭窄症の腰痛について。

脊柱管狭窄症の腰痛について。

0944-78-9507アクセス

脊柱管狭窄症の腰痛について。

こんにちは。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院のみづま整骨院です。

 

本日は脊柱管狭窄症の腰痛についての話をしていきます。

 

整骨院に勤務している方は割りと聞く傷病名ではありますが、脊柱管狭窄症の治療は整形外科の治療なので脊柱管狭窄症の治療をして欲しい方は整形外科で通院されると良いと思います。

 

何故、いきなりそのような事を言うかと言いますとよく脊柱管狭窄症と診断された患者さんが質問するのが、

 

先生、腰が痛くて病院で見てもらったら脊柱管狭窄症と言われました。病院での治療を続けましたが、腰痛が一向に改善しません。脊柱管狭窄症を治して下さい!と言われます。

 

しかし、脊柱管狭窄症は骨の変形で元に戻すには手術しかないと思いますので少なくとも整骨院で治療出来る範囲ではないのですね。

 

では、脊柱管狭窄症と言われた方は病院で治療するしかないのか?また腰痛は手術しないと改善することはないのかと言いますと、そんな事はありません。

 

脊柱管狭窄症=腰痛とは限らないということです。

 

勿論、重度の脊柱管狭窄症の方は手術適応の方もいらっしゃいますので手術が最も良い選択肢の方もいらっしゃいますが、多くの方は軽度の脊柱管狭窄症で腰痛が改善しない事で悩まれています。

 

「脊柱管狭窄症」の画像検索結果  黄色の部分が神経ですが、狭窄症になる原因としてスポーツによる使いすぎはよく聞きますが、姿勢が関係している部分は多くあります。

 

症状として後ろに身体を反らすと痛みが強くなり、前屈みになると楽になるというのが特徴ですが、そもそも後ろに反らすと痛くなる時点で通常よりも腰の関節が反ってる可能性が高くなります。

 

元々腰が反っていて更に反ることで神経を圧迫して痛みが出やすくなると言うことですね。

 

腰の部分には靭帯や椎間板もありますので腰の関節だけの原因ではない方もいますが、その部分を知りたいと思うなら、病院でMRIを撮られるとはっきりとどの部分で神経を圧迫しているのかが分かると思います。

 

話は少し戻りますが、関節だけの問題でいうなら反っている腰の部分を元に戻すように矯正を行い、筋肉や靭帯に施術を行い元に戻していく事で脊柱管狭窄症での腰痛は改善出来るということになります。

 

なので、レントゲンやMRIの検査の内容にもよりますが、腰痛は良くならない、手術するしかないという事はないという事です。

 

もし、腰痛を改善することをあきらめている方がいましたら、もう一度考えてみて参考にされて下さい。

 

腰は身体の要、身体を動かす為にはとても大切な部分です。

 

しっかりとケアしていつまでも痛みが出ないようにしていきましょう。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

    ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間