Tap to close

病院で異常なしと判断された頭痛について。

病院で異常なしと判断された頭痛について。

0944-78-9507アクセス

病院で異常なしと判断された頭痛について。

こんにちは。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は病院で異常なしと判断された頭痛についての話をしていきます。

 

頭痛の種類についてはいくつかあるのですが、大まかな種類についてはHPの中に確認できる項目がありますのでそちらを見て頂ければよいかなと思います。

 

本日話しをしていきたいのは病院での検査で異常が無い頭痛についてです。

 

特に脳神経外科での検査が多いと思いますが、MRIで異常なしでレントゲンで首の骨の歪みがあったり、狭窄症、ストレートネックなどと言われた方で

シップ薬もしくは頭痛薬での対処を継続されている方、もしくはあまり効果が出ずに痛み止めの薬が段々強いものを使用されている方は、身体に負担が掛かり、副作用が出てくる恐れがありますので薬以外の施術や治療で頭痛の原因を治していくことをお勧め致します。

 

しかし、そうはいっても病院での治療や検査をすでに受けているわけですから専門家でもない方がどんな治療や施術を受ければ根本的な改善になるのか等分からないと思います。

 

なので、これから私が書いていく内容があなたの根本的な頭痛改善の参考になればと思います。

 

先ず、頭痛は首や頭部の大きな怪我や脳、血管の問題、強いストレス、姿勢が問題で起こることが多いのですが、特殊な例を除けば、病院での検査で異常がなければストレスか姿勢が原因という事になります。

 

あまりに強いストレスを受けている方は身体の歪みや姿勢の改善の施術を受けても頭痛が改善するかどうかはわかりませんが、

姿勢が曲がって頭痛が起き易い方の方が多いので先ず頭痛の方で病院での検査で異常がない場合は姿勢の改善で頭痛の施術、治療していくのが良いと思います。

 

特に首の骨の1.2番と後頭骨、顎関節の歪みは三叉神経痛や緊張性頭痛にも関係してますので頭痛に悩まれている方は歪みを矯正することで頭痛改善をもう一度考えて見て下さい。

 

「頚椎1.2番」の画像検索結果「後頭骨」の画像検索結果「額関節」の画像検索結果「三叉神経」の画像検索結果

一番左の図が首の骨で一番目と二番目の骨が歪むと横の血管を圧迫しやすいので頭痛になりやすいです。

 

2番目の図は頭の後ろの骨ですが、ここも頭蓋骨の中に血液が入りこむ部分の骨なので歪むと血管を圧迫します。

 

右二つは顎の骨と顎周りの神経ですね。この部分も顎の歪みで神経が圧迫されることでこめかみの頭痛が出る事もありますので矯正することは大切です。

 

すべての部分は強い刺激を加えたらいけない場所なので矯正においても最心の注意を払う必要があります。

 

当院では殆ど痛みを感じないアクティベーターと言う器具を使用しての施術になりますので安全性は高いです。

 

手での施術は熟練度がいりますので信頼できると思ったところで相談されて見ると良いですね。

 

しっかりと考えて御自分の最良の頭痛を改善する手段の選択肢として参考にされて下さい。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

     ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間