Tap to close

産後の骨盤矯正について。

産後の骨盤矯正について。

0944-78-9507アクセス

産後の骨盤矯正について。

おはようございます。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は産後の骨盤矯正についての話をしていきます。

 

先ずは骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違いについての話をしていきます。

骨盤矯正は当院ではすべての方に行い、からだの中心の軸を整える施術ですが、骨盤を構成する骨である、腸骨、仙骨、坐骨、恥骨、尾骨の歪みを調節していきます。

「骨盤」の画像検索結果

偏った姿勢、歩き方、筋力低下等によって、歪みを起こると、良くある所で腰痛、股関節痛、膝痛が起こり、慢性化することで上半身の歪みにも影響し、肩こりや頭痛にまで、影響が出る方もいます。

 

施術後はからだの偏った使い方がスムーズに動くようになりますので、痛みや動きの変化が実感出来ると思います。

 

産後の骨盤矯正については通常の骨盤矯正と違い、産中、産後で出るリラキシンというホルモンが筋肉や靭帯を緩め、産道を開きやすくしますので、骨盤全体的な歪みが開くような歪みになります。

「産後骨盤の歪み」の画像検索結果

なので、骨盤の調節としては、内側に向けて閉じるような調節になってきます。

産後でよくある症状では恥骨の痛み、腱鞘炎、膝の痛み、腰痛等がありますので、当てはまる方がいましたら、当院にお尋ね下さい。

 

また、良くある質問としては産後の骨盤矯正を行う期間ですが、基本的にはリラキシンや産後に分泌されるホルモンがなくなるまでで、だいたい、産後6ヶ月程度までは産後の骨盤矯正という事になります。

それ以上の期間が開いた方は産後ではなく、通常の骨盤矯正です。

通常の骨盤矯正でも症状は改善出来ますので、ご心配はされなくても大丈夫です。

施術のやり方が変わるだけで効果が変わるとかはありませんのでご安心下さい。

 

しかし、下半身太りやむくみ等の体質の変化を気にされる方は施術が遅れる事で元に戻りにくくなる方もいますので早めの施術を行った方が良い場合もありますのでよかったら参考にされて下さい。

 

産後はホルモンの影響や運動不足で筋力も落ちることで下半身太りが起こる方も多いので、インナーマッスルやお尻の筋肉を鍛える事もスタイル改善には大事になってきます。

 

運動をしっかりされる方は大丈夫ですが、やらない方は当院では寝ていてトレーニング出来るマシンもありますのでそういったものを使用して鍛える事も一つの手だと思います。

気になる方はHPを見てください。

下記をクリックするとHPが見れます。

      ↓

みづま整骨院HP

 

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間