Tap to close

腰痛とヘルニアの関係性について。

腰痛とヘルニアの関係性について。

0944-78-9507アクセス

腰痛とヘルニアの関係性について。

おはようございます。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は腰痛とヘルニアの関係性についての話をしていきます。

 

当院でも腰の痛みで御来院される方の多くは今回が初回の痛みではなく、以前腰が痛くなってしまった経験がある方がいらっしゃいます。

 

その中でも腰に関係する、整形外科で検査した時に脊柱管狭窄症です。とか、腰椎ヘルニアです。といった事を先生から言われたという経験を話ししてくれる方はちょくちょくいるのですが、そういう方の中にはヘルニアが原因で腰痛持ちです。と言われるお話を聞いていると、多分違うだろうなと思ってしまいます。

 

何故かと言いますと、ヘルニアが原因で痛みが出る場合でも多くの方は軽度で手術をするレベルでもない事が多いのです。

 

ヘルニアとはいわゆる神経痛になるので、痛み→しびれ→麻痺の順に酷くなります。

 

つまり、腰が痛いだけの場合は例え、ヘルニアと診断を受けた場合でも軽度な事が多いと言う事でその場合は病院では痛み止めと安静が基本的な治療になる場合が多く、安静にしておけば、放っておいても痛みが取れる事が多いですよと言う事です。

 

患者さんの話を聞いていくとヘルニアになってからずっと痛い訳ではなく、しばらくしてからは痛みが良くなって、その後ちょくちょく腰痛が出るようになったという話が私は一番良く聞きます。

 

その場合はヘルニアにちょくちょくなっているというよりも軽度のヘルニアで腰痛になり、その痛みをかばう動作によって体の歪み、バランスが崩れ、腰痛が出やすい身体になったという風に思ってもらったほうが良いでしょう。

 

勿論、気になる方は整形外科でMRIやレントゲン等の画像診断でハッキリと写っているのかヘルニアかどうかを確認しても良いと思います。

 

しかし、やっぱり身体の歪みで腰痛が出ているのかな、病院で画像を取ってもらったけど異常はなかったのに腰痛です。と言う方は自分の腰痛の原因は体の歪みやバランスが崩れたことで起こっているかもしれません。

 

今御自分の気になる腰痛の原因が分かれば、対処法や治療法も今までやってなかった事が考えられ、納得した上で腰痛を治すことが出来るかもしれませんね。

 

治らないと思っていた腰痛は昔の医療の知識の内容かもしれません。

医療は日進月歩なので、常に可能性は探っていきましょう。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

    ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間