Tap to close

膝の前面の痛みとインナーマッスルと骨盤の関係性について。

膝の前面の痛みとインナーマッスルと骨盤の関係性について。

0944-78-9507アクセス

膝の前面の痛みとインナーマッスルと骨盤の関係性について。

こんにちは。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は膝の前面の痛みとインナーマッスルと骨盤の関係性について話をしていきます。

 

年齢が60歳以上の人は見たほうが良いかもしれません。

 

人は加齢により、膝や腰が痛くなる事が多くあるのですが、膝の痛みも普段の姿勢や筋力の低下で骨の変形や歪みが起こり、段々痛くなる事が増えてきます。

 

膝のお皿を中心に上や下側が痛くなる人は大腿四頭筋という筋肉が圧迫されたり、伸張されたりすることで痛む事が多いのですが、筋膜といわれる筋肉の皮膚のようなものの柔軟性が無くなる事で起こってきます。

 

この大腿四頭筋、筋膜をマッサージする事で痛みが取れる事もあるのですが、世の中の膝が痛い人はそれだけで痛みが取れる人ばかりでなく、脛骨と大腿骨という骨の歪みが出る事で痛みが出る人もいますので当院のような身体の歪みを調節するようなところは膝の関節の歪みも元に戻さないといけないと言っています。

 

しかし、それでも、痛い人っているんですよね。

 

最近、当院でもそんな方がいて寝ている状態だと膝は曲がるのに、正座やスクワットは良く出来ないような方でした。

 

その方は膝の皿の上の部分が痛くなる事が多かったのですが、股関節には異常はなく、お尻の筋肉、インナーマッスルが弱くなってしまっているようでした。

 

特にインナーマッスルである腸腰筋とお尻の筋肉が弱くなると骨盤が後方に傾く事もあり、大腿骨を引っ張る事になります。

「chouyoukinn」の画像検索結果 「殿筋」の画像検索結果

そのせいで大腿四頭筋が引っ張られる力がかかり、筋力が弱い人は歩いたり、階段の昇り降り等力が膝の筋肉に掛かるときに痛みが出やすくなるのです。

 

歩く事やスクワット等のトレーニングで膝の痛みが改善する事もありますが、

インナーマッスルとお尻の筋肉が弱くなる事で骨盤の歪み、股関節、膝の痛みに繋がる事もありますので運動習慣のない方や年齢とともにお腹が出てきた方はインナーマッスルトレーニングをしっかりと行う事で痛みの出にくい身体作りが出来ますよ。

見た目の姿勢も良くなりますのでぜひトレーニングやってみて下さい。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

    ↓

みづま整骨院HP

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間