Tap to close

膝前面の痛みがある時の対処法。

膝前面の痛みがある時の対処法。

0944-78-9507アクセス

膝前面の痛みがある時の対処法。

おはようございます。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院のみづま整骨院です。

 

本日は膝前面の痛みがある時の対処法について話をしていきます。

 

膝の痛みでよくあるのが、前面、内側部に痛みを訴える方が多く、年齢が高い程その傾向は強くなります。

 

これは筋力低下による、O脚や膝の前の筋肉である大腿四頭筋が弱くなる事で膝崩れが起きやすくなる事も関係しています。

 

別のブログでも書いていますが、筋力が低下するとО脚になりやすくなり、その結果、膝の前面や内側部に痛みが出やすくなります。

О脚になっていなくても痛い場合もありますので必ずしも骨の変形が起こる場合に痛くなる訳でもないとは覚えてもらっても良いと思います。

 

上記の内容はよくある話ではあるのですが、その他にも 膝のお皿=膝蓋骨 の動きがスムーズに動く事が出来なくなって、膝の前面に痛みが出る事があります。

スポーツ選手にも良く痛みが出る事が多く、炎症による痛みの場合もあるのですが、階段を昇る時や立ち上がりの動作で膝の前面に痛みが出るときは膝蓋骨の動きが悪くなる事で痛みが出ている場合もありますので、

当てはまるような方は膝蓋骨を軽く掴んで、ゆっくり大きく回す動作を繰り返しやってみて下さい。

「膝蓋骨の運動」の画像検索結果

こんな感じで上下、左右にも動かしてください。

 

 

始めは違和感を感じる事もあるとは思いますが、スムーズに動くようになると違和感も感じなくなりますので膝蓋骨の動きが良くなるまでやってみてください。

 

痛みは出ないようにやる事が前提なので、痛い方は止めて下さいね。

 

簡単なやり方ではありますが、専門の知識を持っていなくても、危険性は殆どないので問題は無いと思います。

 

膝蓋骨の運動で膝の前面の痛みや違和感が改善しない場合は関節の炎症やその他の関節の機能障害、筋や腱の問題等、検査して見て見ないと分からない事が多く、ありますので、必ず、整形外科等、専門の医療機関で診察や施術を受けてください。

 

膝は歩いたり、立ったりすることには必ず、使う大切な部位なので、軟骨が磨り減ったり、骨の変形が起こってしまう前にケアを考えるのも大切です。

 

また、もう骨の変形や軟骨が磨り減ってしまった方でも痛みを減らす事は出来ますのであきらめないで下さいね。

 

今日の内容、良かったら参考にされてください。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

   ↓

みづま整骨院HP

 

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間