Tap to close

休んでいても良くならないテニス肘、ゴルフ肘についての話。

休んでいても良くならないテニス肘、ゴルフ肘についての話。

0944-78-9507アクセス

休んでいても良くならないテニス肘、ゴルフ肘についての話。

おはようございます。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は休んでいても良くならない テニス肘、ゴルフ肘についての話をしていきます。

当院でも肘が痛いといって御来院される方がいますが、初めての人よりも以前、痛くなった事がある人が多いですね。

 

整形外科に行ったという人も多いので、テニス肘、ゴルフ肘という診断を受けて、治療を受けているが経過が良くない、もしくは良くならなかったという経験がある方には参考になるかもしれません。

 

分からない人もいると思いますので、説明を簡単にしていきますが、テニス肘、ゴルフ肘は共に手首や肘の使いすぎで起こる炎症です。

「ゴルフ肘」の画像検索結果「ゴルフ肘」の画像検索結果

 

上記の画像でイメージしやすくなるとは思いますが、手首を上に動かす伸筋と言われる筋肉の使いすぎで起こるのが、テニス肘。

手首を下に動かす屈筋と言われる筋肉の使いすぎで起こるのが、ゴルフ肘です。

 

関節周辺の筋肉や腱の炎症ですので、なってしまったら基本的には安静と痛み止め、炎症止めの投薬治療が一般的です。

整骨院では筋肉のマッサージとか電気、超音波、シップ等が一般的ですね。

 

しかし、一度良くなっても慢性的に繰り返す人や上記のような治療、施術を繰り返しても、中々改善しない事もあります。

そんな時は肘や手首の関節の歪みが原因ではと考えてみる事も大切です。

 

良く使う人の中にはラケットやドライバーを振る動きの癖等で手首、肘の関節の動きが悪くなり、ちょっとした関節の引っかかりでの痛みや違和感が出て、そのままにする事でテニスやゴルフをするとすぐに痛みが出るとか何か違和感が出やすくなったという事も私が知る限りではよくある話なので、そんな症状の方には肘や手首を矯正する事を奨めています。

「肘関節」の画像検索結果   「手首の関節」の画像検索結果

手首、肘関節を構成する手根関節、とう骨、尺骨、上腕骨に歪みが出ていたら矯正を行います。

 

手首や肘は曲げ伸ばしだけでなく、捻る動作もありますのでちょっとした動作で歪みが出る事もあります。

 

あまり長い間、歪みを放置すると痛み、違和感を身体が無意識にかばって、肩、首の凝り、痛みに繋がる事もありますので、スポーツをする方はケアをしっかり行って楽しいスポーツ生活を送って下さい。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

   ↓

みづま整骨院HP

 

お問い合わせ電話

 

LINE@友達追加特典

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間