Tap to close

ディスクワーク等で手首が良く痛くなる方へ。

ディスクワーク等で手首が良く痛くなる方へ。

0944-78-9507アクセス

ディスクワーク等で手首が良く痛くなる方へ。

こんにちは。

 

からだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日はディスクワークなどで手首が良く痛くなる方へ手首が何故痛くなる事があるのかを伝えていきます。

 

久しぶりの投稿ですが、先週から今週にかけては筑後地方では寒暖の差が激しくて少し私も体調を崩しそうになってました。

鼻詰まりはまだ完全には良くなっていませんが、この年になって風邪を引く前に飲むと効果が出やすい葛根湯のような物の大切さに気づいてきました。

 

気温差や湿度の差は身体の負担が掛かり、頭痛や腰痛を引き起こす事もあります。

 

いつも、雨の日の前に頭痛が出るような方は普段からすでに痛くなくても身体の歪みが出ている方なので、葛根湯のように症状が出る前に飲むと聞くように身体の歪みの調節も出来れば一番効果的ですね。

 

 

身体のケア目的で通院するのも今の時代には健康的な生活の維持には必要になってきているのではないかと思います。

 

 

パソコンばかり普段使っている方で手首が痛くなる方は参考にされて下さい。

 

以前、肩甲骨の動きとパソコン作業についての関係性を書いたブログがあったのですが、手首から肘、肩、肩甲骨と動作によっては連動性で痛みが色々な部分に出てしまう方もいますので、施術を受けたいような方は手首が痛いだけでもその他の歪みも見てもらったほうが良いと思います。

 

パソコン作業を行う場合は人は殆どの方は手首を上に伸ばして、キーボードを叩く動作を行います。

 

その動作が長時間続く事で手首の関節の骨であるとう骨、尺骨という骨が左右に開くように歪み、痛みや違和感が出る事が多くあります。

これは手首の伸展動作では手首の関節であるとう骨と尺骨が開き、屈曲(曲げる動作)ではとう骨と尺骨が閉じるような動きになる事が関係しています。

「遠位とう尺関節」の画像検索結果図の左側の難しい漢字がとう骨です。

 

簡単に言うと手首の関節がパソコンをずっとしていると開きっぱなしになるから痛くなるよという事です。

 

自分で出来る改善方法としましては、マウスを使用している方は低いものに変えるとかキーボードを叩いている事が多い方はキーボードを薄いものに変えるという事等が考えられます。

しかし、それでも、痛くなるような人は使いすぎによるものなので、仕事をセーブするか、施術を受けに通院されるかするしかありません。

 

正直、軽度のものである場合は自分で出来る改善法でよくなる事もありますが、長時間のパソコン業務を仕事としている方は使いすぎで痛くなる人が多いのでなるべく施術を受けられた方が良いのではないかと思います。

 

酷い場合には肩こりの原因になったり、頭痛の原因になったりする事もありますので、あまり我慢せずに早めに改善するようにして下さいね。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

   ↓

みづま整骨院HP

 

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

 

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間