Tap to close

下半身の歪みについて。

下半身の歪みについて。

0944-78-9507アクセス

下半身の歪みについて。

こんにちは。

 

三潴郡大木町のからだの歪みを整える専門院 みづま整骨院です。

 

本日は下半身の歪みについての話です。

整体、整骨院、カイロプラクティック等で施術を受ける事があると多くの方は骨盤が歪んでいます、足の長さが短いですねという事を聞くのではないかと思います。

 

このように、骨盤を中心に歪みが出ているような説明だけを受けてしまうと多くの方が骨盤の歪みを整える事に意識がいってしまって骨盤だけが歪む事で色々な歪みを引き起こしていると錯覚するような方もいます。

 

しかし、良く考えて見て下さい。

 

身体の歪みとは身体の使い方で起こるもので骨盤ばかり歪みが出るような体勢を多くの方はしているのでしょうか?

 

そんな訳、ありませんよね。

 

人間は立ったり、座っている状態のバランスが崩れることで歪みが出る事が多く、その状態での歪みの事を我々、治療家は考え、皆さんの身体を施術していかなければなりません。

 

これまでの説明でなんとなく、骨盤ばかり歪みがでているとか骨盤だけ整えたらすべてが良くなるということではないという事を理解できれば良いのではないかと思います。

では、下半身の歪みについての話をしていきます。

 

先ほども言いましたが、人間は立っている生き物なので下半身の使い方は非常に重要になってきます。

なぜなら、下半身の使い方でその上の骨盤や上半身の使い方も変わり、身体の歪みや筋肉の緊張、身体の痛みにも大きく関係してくるからです。

 

逆に言うと、今から言う、足の使い方を意識してそれを継続する事で身体の歪みの調節の改善になるのではないかと思います。

 

では、どのような下肢の歪みが一番問題が多いのかと言いますと、足関節の過度の回内です。

「足関節 過回内」の画像検索結果

足関節の回内とは、簡単に言いますと足を開いたような状態で歩いています、もしくは座っている時にもガニマタで足が開いた状態ですよ。

と言う事です。

 

足関節の過度の回内は一番多くの方に起こっており、足が開く事で偏平足、膝のねじれ、股関節、骨盤の歪みにつながり、全体の身体のバランスにも影響します。

 

この足の開いた状態を長年放っておくことで足や膝、股関節の変形にも繋がる非常に多くあるような問題なのです。

 

すでに痛みがあるような方には専門の医療機関での治療や施術をお勧めしますが、そうでない場合は足が開かないように歩く、座る時に足が開かないようにする事を続けるだけでも変化が出てきます。

 

自分でやる場合は数ヶ月は意識を続けた方が良いので、ずっと行う気持ちで続けてください。

 

下半身の歪みは身体全体に影響しますので、当てはまるような方は気をつけて下さいね。

 

下記をクリックするとHPが見れます。

    ↓

みづま整骨院HP

 

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ電話

LINE@友達追加特典

ネット予約

営業時間